• gen taneichi

縁と感謝

新しいホームページを解説するということは、表現者にとって大きな変化であるわけですが、そんな中必ず起こるのが「逆向きの好転反応」だと信じています。

数日前、それを証明するかのごとく伯父が亡くなりました。

彼は、僕の父の姉の夫に当たる存在で、僕にとって血縁関係はないのですが、僕を音楽業界デビューに導いてくれた現在の活動にも間違いなく繋がっている存在でした。そして僕が物心ついた時から「そこにあった存在」がまた失くなってしまった事実に悲しさの念と感謝の想いを捧げながら、感慨深く見送ったお通夜が今日でした。


変な考え方と思われるかもしれませんが、インターネット上で公言することは死者など高次の存在と繋がれる発言の場なのだと、なぜだか直感しています。個人的なメッセージの公表をお許しください。


英世叔父さん、僕に「もてなしの心」と現在の音楽活動の縁をくださったことをずっと忘れません。 本当に今まで僕の大好きな伯母さんと一緒にいてくれてありがとう。 もう死んだのだから、氣兼ねなく、死ぬほど、思う存分、大好きだったアルコールを摂取してください。またいつか一緒に飲みましょう。



閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

誕生日なんで、発信者として抱負くらい、ここに述べておこうかと。 本日でめでたく48歳になりました。 これだけ歳も重ねると、誕生日に思い感じることもずいぶん変わったなと客観視できました。 いつものように呼吸法を実践しながらざっと自分を振り返ってみて最初に、「ここまで平和に健康で安全にたくさんの悦びや感動を経験しながら生きてこられたこと」に心から感謝が湧きました。続けてその機会を与えてくれた両親、先祖

2022年、結構世の中色々ありますが、僕にとっては割と予想通りで、狼狽えることなく日々を楽しく大切に過ごしております。 引き続き、物事の本質を、直感と多角的な情報収集で、慌てず平和的に捉えて過ごしていこうと思います。 ここ数週間で僕の耳にやたらと引っかかってくるワード... それは「何もしないこと」 正確には、「別に何もしなくても良い」ということ。 おそらく、あらゆる生活面において、焦って行動して